【金峰山】シャクナゲ咲く名峰へ 2022/6/17(金)

プロフィール

梅雨の中休みが続き、昨日は編笠山、そして今日は金峰山・・・
両日とも梅雨時にして天気はマズマズだったので文句を言ってはバチが当たりますが、やっぱりもう少し晴れて欲しかった・・・ そう思うほど絶景が楽しめそうな山でした。
金峰山に関しては、 期せずして登山道沿いのシャクナゲが咲き誇っていまして・・
こっちのほうは全く期待していなかったので嬉しいサプライズになりました。
金峰山って「花の百名山」だったのですね・・・

2022/6/17(金)《金峰山》
瑞牆山荘(5:15)~富士見平小屋(6:00-6:11)~大日岩(7:32-7:45)~砂払いの頭(8:50)~金峰山(9:45-10:30)~砂払いの頭(11:25)~大日岩(12:12)~富士見平小屋(13:30)~瑞牆山荘(14:08)

駐車場
瑞牆山荘から100mの無料駐車場 
駐車可能台数は結構なボリューム。この日は平日だったので余裕でしたが休日はどうなるのか・・

トイレ
瑞牆山荘の外トイレ(100円チップ制)。

【金峰山】シャクナゲ咲く名峰 瑞牆山荘から
瑞牆山荘からの無料駐車場 5:00

奥秩父の人気No1なのかな、金峰山。
あまりこっちのほうは行かないので分からないのですが、平日の金曜、しかも朝の5時で結構な数の車です。

登山道取りつき 5:15

駐車場から100m降ると瑞牆山荘、その目の前から登山道が伸びています。
ちなみに山荘の外トイレはチップ制(100円)で、結構綺麗でした。

瑞牆山遠望 5:50

取りつきから結構な急傾斜が続いて30分ほどで最初の休憩ポイント。
瑞牆山の雄姿を眺めながらベンチで休憩。
あっちに行くのもいいよねえ・・・
この先、富士見小屋で金峰と瑞牆に分かれます。

富士見平小屋 6:00

その富士見平小屋。
ちょっと瑞牆に行くか金峰に行くか迷ったけど、予定通り金峰山へ・・・
瑞牆のほうが標高も低いし、楽そうなんだよな・・・

富士見平までは急登の連続だったけど、この先は少し傾斜も落ち着いて登りやすくなりました。

そして登山道の脇にはシャクナゲが見事な花をつけていました。
正直、花にはあまり興味がないので知らなかったのですが、どうも金峰山って「花の百名山」ということで知られているそうで・・・
とくにシャクナゲが有名とのこと・・・
全く期待してなかったのでこれは嬉しいサプライズ。

こんなに立派な花がそこかしこに・・・いいねえ・・

鎖場があったり結構険しい道・・・
岩は花崗岩、フリクションも最高で楽しく登っていけます。

大日岩の上 7:40

大日岩の上でこの日最初の大休止。
眺めも良くて最高です。
ちょっと曇りがちな天気なのが気になります。
頂上ではスカッと晴れて欲しいものです。

この先もシャクナゲがそこかしこに咲くなかを登って・・・

砂払いの頭 8:50

砂払いの頭というところから見晴らしが良くなって高山の雰囲気に・・
ここからが絶景の稜線歩き!

ゴロゴロとした岩を快適に乗り越えながら・・・

露出感たっぷりの稜線歩き・・・正面に金峰山のシンボル「五丈岩」を見上げながら至福のひと時です。

金峰山 9:45

金峰山の頂上に到着しました。
五丈岩の基部辺りにも頂上の標識があったけど、とりあえず1番高そうな岩で記念撮影。
登り4時間半、結構登りごたえありの山でした。
そこらの北アルプスよりきついかも。

五丈岩

気になる景色のほうはまさに絶景というべきもの。
残念ながら青空ではなかったのですが、それでもかなりのもの♪

まずは何と言っても富士山でしょう。
雲海の上にたおやかな山体がゆらりと鎮座、何度も何度も、どれだけ見てても見飽きることなどありません。
来てよかった!

八ヶ岳と瑞牆山

そして遠くに八ヶ岳、近くには瑞牆山。
八ヶ岳は左端の編笠山に昨日行ったばかり・・・
やはり展望いい山だよな・・・と再確認。
瑞牆山は手前の岩々したピーク。
あっちにも行こうと思えば行けたんだよな・・・

残念ながら天気のほうは曇りがち、青空のもとでの山頂とはなりませんでした。
とはいえ富士山も見れたし、望外のシャクナゲを愛でながらの歩きも楽しかった。
人気のほどが窺える登りがいのある山でした。
次に来るときは是非晴天の時に・・・っていつになることやら。


コメント

タイトルとURLをコピーしました