ファットバイクでトレイルライド 山梨プチ遠征

トレイルライド

秋も深まりスキーシーズンが待ち遠しい今日この頃。
とはいえスキーが始まるまでの11月から12月にかけては、マウンテンバイクのトレイルライドが楽しい季節でもあります。
今週末もお気に入りの山に、ファットバイクで行ってきました。
松本からはちょっとした遠征になりますが、山梨県の極上トレイルです。

10月までは週末になると天気がぐずつくサイクルでしたが、11月に入ると安定してきました。


それに伴って山の道も乾いてきて、すでに紅葉を終えた山にはサクサクの落ち葉がいっぱい。
そんな道を適当なところまで登って、登ったぶんだけダウンヒルを楽しみます。

ところで昨日は北アルプスの蝶ヶ岳に登ってきました。
天気も良く絶景を満喫したのですが、さすがにこの時期になると登山道も凍って危険性も上がります。
それでなくても落ち葉が木の根や岩の上を覆って、スリッピーで神経を使います。


こんな時期は無理して高い山に行かなくても、『麓の里山でマウンテンバイク』が吉かも知れません。

このトレイル、フルで楽しむなら標高差800m、距離にして5kmの規模があります。
自分が知っているトレイルの中ではダントツで最高の部類に入ります。
普通の山の登山道なのですが、ありがたいことにメインのルートが別にあります。
その分マウンテンバイク向きのこっちの道は、古道のような位置づけで登山者が少ないのがポイント高い所。
この日も3組のマウンテンバイカー以外はトレイルランニングの人とすれ違っただけでした。

特筆すべきはテク無しの私達でも、ダウンヒルに関してはほぼ100%乗れることです。

落ち葉で路面状況が全く分かりませんが、そこはファットバイクの太いタイヤの出番。
多少の障害物であればタイヤが全てを吸収、ポワンポワンと心地いいクッションを感じながらのダウンヒルです。
気分は最高ってもんです♪

トレイルをフルに登ると3時間以上かかるので、ガチではない『楽しい系』の我々は1時間半ほど登ればもう充分な手ごたえ。
それでも標高差300m、距離2Kmのダウンヒルが楽しめます。

こういうマッタリライドとジェットボイルの相性は抜群!
改めてジェットボイル買って良かったと実感しました。

小春日和のなか、気軽にコーヒータイム♪
極上のダウンヒルを前に、至福のひとときでした。

こんな感じで、スキーが始まるまではマウンテンバイクと里山登りの2足の草鞋。
これはこれで楽しくて、短いながらも豊かな季節です♪

当日の模様は動画をご覧ください。

【ファットバイクで行く】落ち葉カサカサの山梨極上トレイル。マウンテンバイク(MTB)の季節満喫です!

登山ランキング← ブログランキング参加中。クリックよろしくです♪


コメント

タイトルとURLをコピーしました