【栂池BC】栂池高原スキー場から至近のバックカントリー ヒヨドリ尾根から神ノ田圃へ 2023/1/2(月)

バックカントリースキー

今シーズンの初BCは通いなれた神ノ田圃へ・・・

前夜の降雪はスキー場上部で15cmほど、極上ではなかったですが、まずまずのパウダー。

まだまだ藪が多めで、私の腕では自由自在に滑り回ること能わず、無念なり。
藪の隙間をスルスル滑れる人なら、充分楽しめるのでは・・・(いいなあ)。

これから積雪が増すにつれて、状態は良くなる一方と思えば期待も高まろうというもの。

ようつべ

〈今回の軌跡

ゴンドラ山頂駅 8:15

朝1番のゴンドラに乗って林道にアプローチ。
ゴンドラトップは小雪が舞っていますが、視界もあって風も弱いので、この時期にしてはまずまずの山日和です。

栂の森ゲレンデ 8:20

昨日のトレースがほぼリセットされた栂の森ゲレンデを横目に林道を辿ります。
今滑ったら最高だろうな・・・・いやいやここはグッと我慢、山はもっといいはず。

ゲレンデとの接続点からはラッセルになって・・・
いつもは自然園まで圧雪されてるんですが珍しいな。
まあ、今日は軽めの山なので丁度いい負荷。

登りの取り付き(神ノ田圃) 9:05 

スキー場から40分で神ノ田圃
ここからヒヨドリ尾根に上がっていくんですが、まだまだ藪が濃いな。
それでも登らないことには始まらない、枝をつかんだり木を避けたりしながら取り付きます。
この登り始めが1番キツカッタ、もっといいルートあったのかな?

久しぶりにヘドが出るよう膝上レベルのラッセル、ヘトヘトになった頃に後続の4人さんが追い付いてきて後はお任せ。
時間にして20分ぐらいだったけどきつかったなあ・・・

ヒヨドリ尾根のコルに登り上げたのは10時頃、キツイといっても登り1時間のお手軽バックカントリーです。
天気は小雪混じりの曇りとあって、ここまで登ったのに大した眺望は望めず・・・
本来なら北側の眺めが開けて、頸城山群が拝めるはずなんですけど。

寒いのでさっさと滑ります。
神ノ田圃へ標高差150mを滑り降ります。

まだ藪が埋まり切っておらず、なかなか思い通りのシュプールを描けないのが悔しい。
上部は傾斜が急なのもあって、方向転換はほとんどがキックターン、重めの新雪に板が埋まってしまい思ったところに行けずに藪にぶつかりながらのみっともない滑走でした。
それでも少しは開けた場所もあったので、藪をスルスルと滑れる技量があれば充分楽しめる雪質と斜面の状態でした。

まあ、山スキーの練習、転ばずに降りてこれたのがなにより。

神ノ田圃 10:25

上部は苦戦したけど下のほうは勝負になる感じだったので、神ノ田圃で遊んでいきます。

パフパフの膝パウ。
傾斜も雪も申し分ないんですが、藪がまだまだ埋まり切ってないのが残念。
もう少し雪が積もってスッキリしたらかなり楽しめそう。
せめて手前にあるような笹薮が埋まってないとね。

去年(1/29)の神ノ田圃

去年の1月29日にはすっかり藪も埋まって、かなり滑りやすくなってましたね。
あと3週間か、今年もこんな感じになってくれるといいなあ。
今の所クリスマス寒波の貯金でなんとか遣り繰りしている状態、この先の寒波に期待したいところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました